電気電子工学科とは?

今日の高度情報化社会を支える、電子工学(エレクトロニクス)の知識と技術革新には目を見張るものがあります。すべての電子機器にはコンピュータが搭載され、知能化(インテリジェント)されているといっても過言ではありません。 これらの基盤技術を支えるエレクトロニクス技術者へのニーズは今後ますます高まることが予想されます。

このような社会の要請に応えるのが「電気電子工学科」(旧:知能エレクトロニクス学科(2016-2007)、電子工学科(2006-1964))です。

本学科で最先端の技術知識と実践力を身につけ、社会の要請に応える電気電子工学の技術者を目指しましょう。

電気電子工学の技術者を育てる3つの系統

電気電子工学科では、エレクトロニクスやメカトロニクスの専門知識を学べる「電子機械・ロボット系(旧 システムコース)」、 光やバイオ技術とエレクトロニクスとの融合領域を含む幅広い専門知識を学べる「医工学・バイオ系(旧 センシングコース)」、 エレクトロニクス・デバイスの専門知識を学べる「光・情報デバイス系(旧 デバイスコース)」の3系統を用意しています。

電子機械・ロボット系 (大学院 システム分野)
組み込みコンピュータやロボット技術などの、コンピュータと一体となったエレクトロニクスやメカトロニクスの専門知識を学ぶことができます。
医工学・バイオ系 (大学院 センシング分野)
電子機器制御や電子計測技術に関して、光やバイオ技術とエレクトロニクスとの融合領域を含む幅広い専門知識を学ぶことができます。
光・情報デバイス系 (大学院 デバイス分野)
各種半導体素子の原理・構造や材料から、LSI、マイコンなどの集積回路技術まで、エレクトロニクス・デバイスの専門知識を学ぶことができます。

電子機械・ロボット系(大学院 システム分野)

組み込みコンピュータやロボット技術などの、コンピュータと一体となったエレクトロニクスやメカトロニクスの専門知識を学ぶことができます。

主な研究テーマ
  • ロボット・メカトロシステムの自律協調制御~ヒトにやさしい社会の実現を目指して~(丸山研究室)
  • 不整地移動ロボットの開発と環境認識、移動ロボットの視覚機能、人間の視覚特性に関する研究(藤田研究室)
  • 音声知覚と正弦波モデルに基づく音声信号の高精度分析・合成技術の研究(伊藤研究室)
  • アドホックネットワークとセンサネットワークの高度な情報処理に関する研究(中山研究室)
  • ウェアラブルコンピューティングとメカトロニクス技術の医療・福祉への応用(水野研究室)
丸山研究室藤田研究室伊藤研究室中山研究室水野研究室
研究紹介動画 研究紹介動画 研究紹介動画 研究紹介動画

医工学・バイオ系(大学院 センシング分野)

電子機器制御や電子計測技術に関して、光やバイオ技術とエレクトロニクスとの融合領域を含む幅広い専門知識を学ぶことができます。

主な研究テーマ
  • バイオフォトン/生体医工学バイオフォトンを使った、人に優しい医療への応用(小林研究室)
  • 生物電気化学、マイクロバイオチップに関する研究(葛西研究室)
  • 医療・福祉への応用を目指した生体信号の計測・解析(辛島研究室)
  • 脳神経科学とエレクトロニクスの融合研究~再生医療・創薬支援技術への応用~(鈴木研究室)
小林研究室葛西研究室辛島研究室鈴木研究室

光・情報デバイス系(大学院 デバイス分野)

各種半導体素子の原理・構造や材料から、LSI、マイコンなどの集積回路技術まで、エレクトロニクス・デバイスの専門知識を学ぶことができます。

主な研究テーマ
  • 垂直磁気記録/高密度磁気情報ストレージと磁気応用デバイスの研究(本多研究室)
  • ナノ材料を用いた新機能デバイスの研究(内野研究室)
  • 液晶デバイス・表示デバイスに関する研究(宮下研究室)
  • 人工的な原子・分子の物性探索と次世代デバイス応用(柴田研究室)
  • 化合物半導体を用いた放射線検出器の開発(小野寺研究室)
本多研究室内野研究室宮下研究室柴田研究室小野寺研究室