大学院工学研究科 電子工学専攻

電子工学はIT(情報技術)を支える基幹技術であり、材料・物性からデバイス・装置、計測・制御、システムまでの広い分野を扱う学問です。
大学での4年間の教育課程を終え、さらに高度で専門的な能力を身につけたいという意欲を持った学生のために、大学院工学研究科電子工学専攻が設置されています。

本電子工学専攻は、電気電子工学科の3つの系に対応したシステム・センシング・デバイスの3つの分野で構成されています。
各研究テーマに基づいて研究が活発に行われているほか、組込みシステムと医用計測・デバイス系については今後の重点拡充も計画されています。

博士(前期)課程では高度な電子工学エンジニア育成を目標に、博士(後期)課程では研究教育者や上級エンジニアの育成を目標に教育と研究を行っています。