教員・研究室

電子機械・ロボット系(大学院 システム分野)

丸山研究室

丸山先生
[研究テーマ] ロボット・メカトロシステムの自律協調制御 ~ヒトにやさしい社会の実現を目指して~
体の不自由な方の生活を支援する、高齢者用カート や盲導犬ロボット、さらにバイオリン演奏ロボット の研究を行っております。ヒトとロボットの意思疎通による自律協調制御の構築や、ヒトが音を創り出す学習制御の仕組みの解明を目標としております。

藤田研究室

藤田先生
[研究テーマ] 不整地移動ロボットの開発と環境認識、移動ロボットの視覚機能、人間の視覚特性に関する研究
ロボットが視覚機能を使って状況を認識し、自ら考え行動するための研究を行います。人間を観察して意図を理解し、知的な支援をする機能の実現を目指します。

伊藤研究室

伊藤先生
[研究テーマ] 音声知覚と正弦波モデルに基づく音声信号の高精度分析・合成技術の研究
医療・福祉に活用されるような次世代音声インターフェースの実現を目指しています。人間が音声を理解するメカニズムの研究や、失声者のためのリアルタイム音声合成システム、高精度音声分析技術の研究などを行っています。

中山研究室

中山先生
[研究テーマ] アドホックネットワークとセンサネットワークの高度な情報処理に関する研究
次世代のユビキタス社会の実現に向け、信頼性が高いアドホックネットワークと、効率的に情報を収集するセンサネットワークについて研究しています。世の中に新たな価値・概念を生み出す情報処理アプリケーションの創造を目指しています。

水野研究室

水野先生
[研究テーマ] ウェアラブルコンピューティングとメカトロニクス技術の医療・福祉への応用
着用できるコンピュータであるウェアラブルコンピュータや、メカトロニクスによる医療福祉支援技術に関する研究を行っています。研究では、高齢者の見守りシステムや人の感覚を拡張する装置の開発を行っています。

医工学・バイオ系(大学院 センシング分野)

小林研究室

小林先生
[研究テーマ] 光による生体医用画像計測技術の研究
超微弱な生体からの光(バイオフォトン)やレーザー光を使って生体の中で起きている目に見えない情報を画像として計測する、"人にやさしい"医工学の研究を行っています。

葛西研究室

葛西先生
教授 葛西 重信  工学博士 KASAI Shigenobu
[研究テーマ] 生物電気化学、マイクロバイオチップに関する研究
薬剤、食品、汚染物質などに含まれるさまざまな化学物質が人間の細胞に与える影響について研究しています。電気化学や化学発光などを使って計測するシステムの開発や、バイオセンサーを使った実験を行っています。

鈴木研究室

鈴木先生
准教授 鈴木 郁郎 博士(学術) SUZUKI Ikuro
[研究テーマ] 脳神経科学とエレクトロニクスの融合研究~再生医療・創薬支援技術への応用~
ヒトiPS細胞由来神経細胞の機能をセンシングする技術や生体組織を3次元再構成する技術を開発し、脳機能の理解や創薬・再生医療への展開を目指した研究を行っています。

辛島研究室

辛島先生
講師 辛島 彰洋 博士(情報科学) KARASHIMA Akihiro
[研究テーマ] 医療・福祉への応用を目指した生体信号の計測・解析
医療・福祉への応用を目指して、脳の情報処理や健康を維持するしくみのような生体の優れた機能がどのように実現されているのかについて工学的な視点から研究しています。

光・情報デバイス系(大学院 デバイス分野)

内野研究室

内野先生
[研究テーマ] ナノ材料を用いた新機能デバイスの研究
物質をナノメートルの大きさまで小さくすると、物質の性質(色、電気抵抗、融点など)が大幅に変化します。我々は、このナノ材料を用いて、新原理に基づくトランジスタなどの電子デバイスの開発をします。

田河研究室

本多先生
教授 田河 育也 工学博士 TAGAWA Ikuya
[研究テーマ] 大容量情報ストレージと磁気応用デバイスの研究
情報ストレージの代表であるハードディスク(HDD)は、現在ではデータセンターの主役であり、ビッグデータや人工知能に欠かせない技術です。我々は、次世代の技術であるマイクロ波アシスト記録や熱アシストドット記録の実現に向けて、磁気応用デバイスのコンピューター支援設計(CAD/CAE)と作成法の研究を行っています。

宮下研究室

宮下先生
[研究テーマ] 表示デバイス・光デバイスに関する研究
携帯電話やテレビ、パソコンなどの表示装置における、表示デバイスに着目。表示装置の基礎から、光デバイス、未来指向の表示システムや3Dディスプレイなどへの展開を目指した研究を行います。

柴田研究室

柴田先生
[研究テーマ] ナノ物性応用、超伝導、半導体量子ドット、テラヘルツデバイス
電子をナノメートルサイズの小さな空間に閉じ込めると、「人工的な原子」ができます。この「人工原子」の振る舞いを制御することで、1つの電子やスピン、光子に情報機能を持たせる次世代情報処理デバイスを実現する研究を行います。

小野寺研究室

小野寺先生
[研究テーマ] 化合物半導体を用いた放射線検出器の研究
五感で感じることができない放射線を半導体に通し、目に見えるものにする検出器を開発しています。放射線障害の発生を極力抑え、かつ解像度の優れた医療機器の製作に役立てることが目的です。