2010/03/15


本学工学部知能エレクトロニクス学科の中山英久講師が、トーキン科学技術振興財団(阿部博之理事長)より、第20回(平成21年度)研究奨励賞貢献賞を受賞しました。
研究テーマは「高効率なコンテンツ配信技術と高性能コンテンツ検知技術に関する研究」です。
トーキン科学技術振興財団は、宮城県の工学分野における若手研究者の育成と研究活動の支援を目的として、平成2年1月5日に設立された財団法人です。平成2年度から毎年優れた研究者に奨励賞が贈られています。研究の独創性や進歩性、難易度、学会や産業界への貢献度について、選考委員会、理事会にて選考が行われました。