2011/05/20

本学知能エレクトロニクス学科中山英久准教授が、一般社団法人情報処理学会東北支部より「第6回 野口研究奨励賞」を受賞致しました

野口研究奨励賞は、我が国を代表する情報処理分野のパイオニアであり、東北地方の当分野の発展に多大に貢献された野口正一先生から寄贈された資金により、優秀な学術論文を出版した情報処理学会東北支部会員の若手研究者に対し、より一層の情報処理分野に関する研究開発を奨励するため、授与されているものです。情報処理学会東北支部において、4月28日の選考委員会、5月12日の役員会で慎重に審議した結果、受賞が決定し、5月18日の支部総会で賞の贈呈が行われました。

受賞対象となった論文
A Dynamic Anomaly Detection Scheme for AODV-Based Mobile Ad Hoc Networks,
Hidehisa Nakayama, Satoshi Kurosawa, Abbas Jamalipour, Yoshiaki Nemoto, and Nei Kato,
IEEE Transactions on Vehicular Technology, vol. 58, no. 5, pp.2471-2481, June 2009.