2017/01/23

河北新報朝刊記事「研究室の探訪」に本学科電子機械・ロボット系の丸山次人教授の研究が紹介されました。

記事には、丸山教授が現在開発中の、高齢者や足の不自由な人の歩行を助ける電動アシストカート(歩行車)の性能や仕組み、地元の病院や市民の方の協力による実証実験、また「モノのインターネット(IoT)」化への取り組み、点字ブロックや障害物を検知するカメラを電動カートに搭載することで、盲導犬に代わるシステムを目指すことも紹介されています。さらに、バイオリンを奏でるロボットシステムの開発も進めていることについて掲載されています。