2018/03/07

本学科4年生の薄井晶子さんがサイエンス・インカレ・コンソーシアム参加企業賞(畠山文化財団賞)を受賞しました

第7回サイエンス・インカレは、3月3日(土)から4日(日)にかけて、立教大学 池袋キャンパス(東京都豊島区)を会場に開催され、ファイナリストとして本学科から2名が発表し、4年生薄井晶子さんがサイエンス・インカレ・コンソーシアム参加企業賞(畠山文化財団賞)を受賞しました。

  • 4年生 薄井晶子さん(口頭発表)
    「発見 !クロアゲハ幼虫は蛹化変態の前後で発光する~アポトーシス誘導シグナルとアポトーシスの進行をバイオフォンで優しく探る~」
  • 4年生 石橋勇人君(ポスター発表)
    「ヒト脳の電気活動は培養ヒト神経ネットワークでも見られるのか?」

このサイエンス・インカレは、全国の学部生等に、自由な発想に基づく自主研究を発表する場を設けることにより、その能力・研究意欲を高めるとともに、課題設定能力、課題探究能力、プレゼンテーション能力等を備えた創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的としています。

薄井さん