2021/02/15

丸山次人先生の最終講義が実施されました

新型コロナウイルスの感染拡大状況と政府の感染症対策の基本方針などを踏まえ、昨年から延期されておりました丸山次人先生の最終講義について、2月15日(月)15:00より、「ロボットシステムの知能化制御~40年間の温故知新 (考・学・感)~」という題目で、対面(131教室)およびオンライン(ZOOM)で開催いたしました。対面、オンラインともに、学内外から多数のご参加・ご視聴頂きました。誠にありがとうございました。

講義の様子1 講義の様子2
講義の様子1 講義の様子2
講義の様子3 聴講者
講義の様子3 聴講する卒業生と在学生
花束の贈呈 最後の挨拶
花束の贈呈 最後の挨拶
蛍の光の演奏 記念撮影
蛍の光の演奏 丸山先生を囲んで記念撮影

丸山先生には、企業の研究所や本学での研究で、開発された精密組立ロボット、食事搬送ロボット、ガイドロボット、バイオリン演奏ロボットなどを通じて、ご自身が考えたこと・学んだこと・感じたことについて、動画とエピソードを交えて講義していただきました。
丸山次人先生がお伝えしたメッセージの中で、富士山の話(頂上は外輪山すべて、登山道は複数あり、途中何々合目がある)は、これから人生を歩んでいく学生達にとって示唆に富むものでした。また、人生を修行に例えた言葉では、後輩である教職員、卒業生、在学生は、先生に倣い、「失敗を恐れずに高みを目指して努力する姿勢とその重要性」を感じ取りました。 先生のこれまでの教育研究に関する多大なる貢献とご尽力に心より敬意を表したいと存じます。