2015年度 知エレ創造ラボ


◇ 概要

知能エレクトロニクス学科では、若い研究者の早期育成を目的として、2015年度から
「知エレ創造ラボ」を実施します。これは学生が自由な発想に基づいて自主的に研究
する課外活動で、その成果を文部科学省主催のサイエンス・インカレで発表すること
を目指しています。本年度の参加者を下記の要領で公募します。大学院進学を希望す
る者や、学術研究のやり方をしっかり学びたいと希望する学生の参加を期待します。
参加希望者は申込書に必要事項を記入し、2015年度4月10日までに学科事務室
に提出してください。

 対象者  :知能エレクトロニクス学科に在籍する学部2,3年生(2015年度)
 募集期間 :2015年2月10日 ~ 4月10日(定員に達した場合は事前に締め切ります)
 提出先  :知能エレクトロニクス学科事務室
 問い合わせ:伊藤仁(itojin@tohtech.ac.jp

◇ サイエンスインカレとは?

学生の能力・研究意欲を高め、創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的に、
自然科学分野を学ぶ全国の学生が自主研究の成果を発表し競い合う研究発表会です。
文部科学省が主催し、全国の大学・高専から多数の学生が参加しています。
決勝で発表するためには、書類審査を通過する必要があります。
2013年度の決勝進出テーマは口頭発表48件、ポスター発表123件でした。
 サイエンス・インカレHP
 2013年度に受賞した発表資料の例(福岡大)

◇ 運営とスケジュール

1. 募集期間(2015.2-2015.4)
・応募テーマの審査を行います。採用されたテーマはそのまま研究を開始します。
・採用/非採用の通知は4/17までに代表者に連絡します。
2. 研究活動(2015.4-2015.10)
・講義の空き時間などを利用して研究を進めます。
・各テーマにE科の教員がアドバイザーとして参加します
・アドバイザーは、研究の進め方やプレゼンテーションなどについて指導します。
・また週1回の頻度で研究の進捗を管理します。
3. 学内発表会(2015.10)
・全てのテーマは、10月に学内で中間発表を行います。
・中間発表で優秀されたテーマは、サイエンス・インカレへの応募が認められます。
4. サイエンス・インカレ応募(2015.11)
・必要資料を作成し、サイエンス・インカレへ応募します。
・合否は2016年1月ごろに通知されます。
5. サイエンス・インカレでの発表(2016.3)
・書類審査を通過すれば、サイエンス・インカレで発表することができます。
・インカレへの旅費や、名刺の印刷代はすべてインカレ事務局が負担します。



◇ 研究テーマ

研究テーマは自由に設定してください。ただし自然科学分野に限ります。
テーマは無理に専門的にする必要はありません。むしろ自然界の現象に対して
「なぜそうなるのか?」という素朴な疑問に答えるテーマの方が勉強になると
思います。
どうしても研究テーマが設定できない場合は、自分が興味を持ったものに関係
しそうな研究をしている教員に相談して下さい。参考のため、テーマの例
あげておきます。

◇ その他

・知エレ創造ラボは課外活動であり、通常の成績評価とは無関係です。
 参加しても単位は認定されませんが、サイエンス・インカレの決勝に進出した
 場合には、特別課外活動の単位が認定される場合があります
・研究に必要な機材と場所は、できるかぎり学科で用意します。
・大学院進学を希望する人や、学術研究のやり方をしっかり学びたい人を歓迎します。
・サイエンス・インカレへ挑戦した学生は、就職活動でも高い評価を受けています。
2/10説明会の資料

最終更新日:2015年2月9日 伊藤仁(itojin@tohtech.ac.jp)